Bibbianoの哲学

伝統の論理

Bibbianoは、トンマーゾ&フェデリーコ マロッケージ・マルツィ兄弟が経営しています。Chianti Classico最古の畑の一つを代々所有するのが、このマロッケージ・マルツィ家です。

Bibbianoの哲学は、まず責任と調和が基本です。責任とは、ぶどう畑、テロワール、ワイン作りに対する責任を持つことであり、調和とは、バランスを保ちながら、会社の使命に従事し、土壌の自然と家風を尊重することです。

Bibbianoは、有機農業の原則とメソッドに深く関わっています。自然との調和を一番に考えた結果、畑は細心の注意を払って扱わなければならないので、1980年代の終わりから環境への影響が少ない製品と有機肥料のみを使用し続けています。

また、フィレンツェ大学との長期に渡る協力関係を結んでおり、同大学の研究によって弊社のブドウ畑の土質、日照条件、標高指数がブドウ栽培に最も適した土壌として特定され、サン歴代Sangiovese Grossoのブドウのクローンが登録されています。こうして私たちは、自然からの恩恵を受けています。

ワイン生産において弊社ワインの特性を壊してしまいがちな他国品種のブドウは、使用しておりません。弊社では、トスカーナ原産のSangioveseおよび土着限定の他品種のブドウを栽培しています。

Bibbianoは、1948年よりChianti Classico区域の生産者が活動するConsorzio Vino Chianti Classico(キャンティ・クラッシコ協会)に加盟しています。マロッケージ・マルツィ家は、1942年から2004年まで、20世紀の偉大なトスカーナワイン醸造家ジュリオ・ガンベッリ氏と強い協力関係の元、ワイン生産に取り組みました。現在の日常業務には、経験豊富で文化にも精通するワイン醸造家マウリツィオ・カステッリ氏に協力していただいています。

私たちは度々、1865年に戻るタイムスリップを想像し、その目線からもう一度、家族の旅の出発であるBibbianoの原点を観察してきました。以来、会社は技術の到来や「シェア・クロッピング制度」の消滅による農業形態の変化を体験し、多くが変化していきました。

それにもかかわらず、森や農園、Bibbianoの道や領地の境界線は当時のまま変化することなく、ブドウの木やオリーブの木、そして穀物は、現在に至っても弊社の経済基盤として残存しています。前世紀に経験した大きな変化から生き残った過去の自然力が、無傷の状態で私たちの元に帰ってきました。この文化と魂の財がこれまで以上に会社の繁栄に繋がるという信念が、私たちの日々のワイン作りのための原動力となっています。

 

企業理念

Tenuta di Bibbianoは、自然の法則を尊重します。

自然への尊重と自然がくれた知恵への敬意が、Bibbianoの主な理念です。私たちは、自然の法則だけに従事したワイン作りを望んでおり、

自然に敬意を払うと、自然からの恩恵を受けることができます。

私たちの自然への尊重とそのメカニズムへの理解が土とブドウを育んでくれることが、私たちにとって最高の褒賞となります。

品質より生産量を求める激しい闘争は、もう古い考えです。

有機栽培へのアプローチは、ビジネス戦略ではなく、人間が生きていくための不変のルールなのです。

Bibbianoは、成功とは、自然との調和があってこそ保証されると確信しています。弊社のブドウ畑の土壌は、強い化学物質を一切使用しておらず、10年前からは有機栽培のみで栽培しています。ここ数年は、エネルギー需要の70%を太陽光発電で賄っています。

マロッケージ・マルツィ家はこの地に150年間住んでいますが、その経験から、「自然は妨害には耐えないが、深い敬意を持って接するものには、惜しみなく賞賛する」と証言します。

フィレンツェ大学の協力の下、弊社の親木からこの品種では唯一のクローニングに成功しました。作業の大半はすでに同じ自然がしてくれます。人間は、ただそこから最高傑作を見出し、保存するだけでよく、Bibbianoはその術を知っています。

Bibbianoのgenius loci(地元の天才)を称賛します。

私たちは、Bibbiano地区が持つ特質の全てを含んでいる、愛と賛美を育むワインだけを常に生産しています。

Bibbianoのワインは、産地の個性を官能的に表現したワインです。

凄まじい文明の発展は、しばしば相互作用を伴います。おそらく私たちは、土地、ブドウ品種学、スタイルなどの違いが顕著でない世界のワイン生産があることに気づいていると思います。

Bibbianoの伝統は、このようなアプローチに一切関与していません。生産地の地理的特性が、私たちが生産するワインに反映していると強く確信しています。

Chianti Classicoの生産者は、コロリーノ、マルヴァージア・ネーラ、カナイオーロ、その他の自然交配で栽培された畑の象徴的な品種はもちろん、Sangioveseをはじめとする主に地元のブドウ樹を栽培してきました。長期間の発展プロセスを経て、ブドウ樹は、結果的に自然がもたらした地元の生態系の一部となりました。

Bibbianoは、長年のブドウ品質の基準を遵守するとともに、Chianti Classicoの典型的なワイン醸造法を独占的に活用してきた正真正銘の領土です。現在、弊社のワイン醸造家は、地域の伝統ではない少数の慣行から離れました。たとえば、樽熟成を長い間放棄してきました。

私たちは、一家の価値を尊重し、

1800年代に、私たちの先祖であるピエルトッマーゾ・マルツィが、偉大なる醸造家であるスカーナ人、ジュリオ・ガンベッリと共に作ったワイン作りを継承しています。

父から息子へと受け継がれた一家の伝統が、Bibbianoワインが文化財になりました。

成功を築くためのプロモーションキャンペーンの企画が、人が考える価値観であり、伝統が無意味になりがちです。そのため、最近では、多国生企業が有名メーカーの商品を購入し、生産工程は近代技術に頼っています。Bibbianoの歴史は、このようなシナリオに属していません。

一族は1865年3月21日より、会社を経営しています。シエナのChianti Classicoオーナーの中でも一番歴史のある会社です。長年の歴史を経て、ずっと同じ家系が管理してきた会社と記録され、地域でこの記録を破る一族は多くありません。

Bibbianoのワイン製造の伝統は、代々受け継がれてきました。イタリア人として当たり前の先祖への敬意と、子供達への深い愛情が、一番大切な成果をもたらしてくれました。今日Bibbianoでは、数十年前と同じ方式でワインが生産されています。

トンマーゾとフェデリーコ マロッケージ・マルツィ兄弟は、ジュリオ・ガンベッリと協力してさまざまなワイン製造技術を試みてきた、ピエルトンマーゾ・マルツィの直属の継承人です。Bibbianoのワインは、保存すべき文化財と呼ばれても過言ではないでしょう。それが現世代の課題の一つです。

Contattaci

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search