Bibbianoの哲学

Bibbianoは、トンマーゾ&フェデリーコ マロッケージ・マルツィ兄弟が経営しています。Chianti Classico最古の畑の一つを代々所有するのが、このマロッケージ・マルツィ家です。
Bibbianoの哲学は、まず責任と調和が基本です。責任とは、ぶどう畑、テロワール、ワイン作りに対する責任を持つことであり、調和とは、バランスを保ちながら、会社の使命に従事し、土壌の自然と家風を尊重することです。

詳細

ワインと領土

3000本以上のオリーブが植えらたオリーブ畑に囲まれるBibbianoのブドウ畑は、海抜270〜310メートルにある総面積約30ヘクタールの羨望に値する日照条件と、優れた微気候に恵まれた丘陵斜面に広がっており、土壌は、鮮新世の粘土質堆積物が特徴で、アルベレーゼ石灰石が豊富に混ざっています。

詳細

会社

モンテリッジョーニ城方面のVal d’Elsaを見渡すBibbianoの畑は、エトルリア時代から古代ローマ時代後期に起源を持つブドウ栽培が行われていた、Castellina in Chiantiのコムーネに位置するChiantiの歴史的地区に位置しています。
自然と人間が共に作り上げた、この計り知れない賜物の地において、マロッケージ・マルツィ家は、1865年以来ブドウ畑とオリーブの栽培に情熱を注ぎ続け、父から息子へと伝承した起業家の伝統を、現在、トンマーゾとフェデリーコの5代目が受け継いでいます。

詳細

Contattaci

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search