会社

土地に捧げる愛

モンテリッジョーニ城方面のVal d’Elsaを見渡すBibbianoの畑は、エトルリア時代から古代ローマ時代後期に起源を持つブドウ栽培が行われていた、Castellina in Chiantiのコムーネに位置するChiantiの歴史的地区に位置しています。

自然と人間が共に作り上げた、この計り知れない賜物の地において、マロッケージ・マルツィ家は、1865年以来ブドウ畑とオリーブの栽培に情熱を注ぎ続け、父から息子へと伝承した起業家の伝統を、現在、トンマーゾとフェデリーコの5代目が受け継いでいます。

3000本以上のオリーブが植えらたオリーブ畑に囲まれるBibbianoのブドウ畑は、海抜270〜310メートルにある総面積約30ヘクタールの羨望に値する日照条件と、優れた微気候に恵まれた丘陵斜面に広がっており、土壌は、鮮新世の粘土質堆積物が特徴で、アルベレーゼ石灰石が豊富に混ざっています。

Bibbianoのブドウ畑は、丘陵の二斜面にあり、赤ワイン用のSangiovese Grosso(サンジョヴェーゼ・グロッソ)とSangiovese が栽植されており、その他にもカナイオーロ、マルヴァジーア・ネーラ、チリエジョーロ、コロリーノや、トレッビアーノ、グレケット、マルヴァジーア・デル・キャンティが栽培され、Bibbianoの特徴とその独特な風味を特徴づけます。

私たちの目標は、高品質なワインの生産です。Bibbianoのgenius loci(ゲニウス・ロキ)を称賛する美徳、すなわちその地域の土地柄や人が受け継いだ魂が、ワインにバランスのとれた上品で良質な、時には力強い鮮やかな風合いを出します。

私たちが願うこの地域の近代化と伝統、歴史とのバランスを尊重しながら、収穫期の慎重なブドウの選別は、今でも手作業で行われ、それぞれのクリュ(畑)の傾斜面で収穫されたブドウは個別に醸造されます。そのため、テロワールとワインの特性や、ブドウ品種学とブドウ栽培への参考資料には毎年自然のままの表情を与えます。

オーナー

トンマーゾ・マロッケージ・マルツィ

1966年生まれ。後期中等教育文系、経済経営学学士課程、国際マネージメントの経験を経た後、2000年より本企業の経営者となる。

2006年〜2009年の間、すでにConsorzio Vino Chianti Classico(キャンティ・クラッシコ協会)の取締役として務めた後、2012年〜2021年の取締役も務める。Distretto Rurale del Chianti (キャンティ地区管理局)会長およびFondazione per la Tutela del Territorio del Chianti Classico (キャンティ・クラッシコ領土保護財団)副会長を務め、キャンティ・クラッシコ地域呼称のユネスコ世界遺産候補地として推薦する。

弟のフェデリーコと共に、マロッケージ・マルツィ家5代目のオーナーである。

フェデリーコ・マロッケージ・マルツィ

1969生まれ。経済経営学修士学位。マロッケージ・マルツィ兄弟の弟で、2005年より経営者となる。

Contattaci

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search