会社の歴史

castello de Bibiune, cum ecclesia, cum casis, viteis
(ラテン語:Bibbianoの城、教会と、農園と、ブドウ樹)

まず一番大切なのは、ブドウと言う言葉で、もしそれが存在しなければ、Bibbianoは、トスカーナの単なる地名にすぎなかったでしょう。

ブドウ品種Sangioveseは、レジェンドであり、イタリアワインの伝統を讃える詩でもあります。

会社の歴史は、アンデルセンの物語「醜いアヒルの子」に少し似ています。歴史はとても長いのですが、初めてその魅力を完全に実証できたのはこの50年間であり、とりわけトスカーナワインやChianti Classic(キャンティ·クラッシコ)と呼ばれるワインの愛好家や専門家の心をつかみ、今や世界を制覇しました。

Sangiovese(サンジョベーゼ)のストーリーは、一度歴史の衰退期に消えてしまいます。エトルリア起源のブドウ栽培の伝統は、古代ローマの時代まで受け継がれ、トスカーナの住人に伝わっていきました。Sangioveseの名前は「Sanguis Jovis」、すなわち「ジュピターの血」が由来であると言われていますが、今のところその由来の真相は明らかではありません。しかしこの品種は、古くからトスカーナに根付くブドウ品種であることに間違いはありません。

古さは欠点ではなく、むしろ誇りに思うべきことなのです。

Chianti(キャンティ)地方は、イタリアの真ん中トスカーナ州の中心部に位置し、最初に人間が居住した土地の一つとして知られ、古代ローマの進出以前はエトルリア人が多く住んでいました。この唯一の自然と文化を形成する土地を所有するために、そこに住む貴族と国家が争いを繰り広げました。しかし政治的闘争が始まる遥か昔から、トスカーナの土地ではブドウが栽培され、ワイン醸造が始まっていました。

Chiantiと言う名前は2000年以上前のエトルリアが起源であると考えられており、それに対しBibbianoという地名は古代ローマ後期の西暦200年にルーツを持ち、すなわち1800年の歴史を持っています。またこの時期に、衰退の時期を迎えようとしていたにもかかわらず、ローマ帝国の首都、ローマの最初の地図が作成されました。

Bibbianoに関する信憑性の高い最初の記録を見るには、11世紀に遡らなければなりません。それは羊皮紙の上に書かれた証書で、1089年の日付があり、ドンナ·ミンガルダ·ディ·モランドが廷臣ジョヴァンニ·ディ·ベンツォに「castello de Bibiune, cum ecclesia, cum casis, (…) viteis」商会、ビッビアーノ城、教会、農場、ブドウ畑を寄付したことがそこに証明されています

歴史家は、Chianti地方のワインナリーは、12世紀頃からフィレンツェとシエナの間の地域で発展したと言っています。しかしながら、弊社に関して言及されている最初の文書は、パッシニャーノ修道院で大切に保管されており、そこには伝統のルーツはさらに時代を遡ることが明確に記述されています。

Bibbiano社は、Chianti地方の中でも最も由緒ある会社の一つであり、代々の経営者は厳格な倫理的責任を担っていました。私達は何世紀にもわたる歴史だけでなく、ワイン醸造の奥深いルーツも誇りにしています。この土地の唯一無二のテロワールで、品種を変えることなく、およそ2000年間継続的にワイン醸造を行ってきたChianti Classico(キャンティ·クラッシコ)を名乗るワイナリー(トスカーナ州、イタリア、ヨーロッパ全域を含む)は、数多くありません。

修道士は農園管理に長けていますが、それを一種の被造物として扱い、直接の収入源としては考えません。

欧州世界に衝撃を与えた乱流の1500年代は、弊社の歴史にもその痕跡を残しました。Bibbianoの名前は、1498年のDecima Repubblicana(デチマ·レップブリカーナ)土地台帳にマッテーオ·ディ·ピエーロ·ディ·フランチェスコ·スクアルチャルーピの所有者名で登記されています。文書は、4つの農場について書かれ「chon casa da lavoratore, chon terre lavorative, vignate, ulivate, boschate e sode」、つまり農場、土地、ブドウ畑、オリーブ畑、森と牧草地と記されています。当時の重要な領地を所有していたスクアルチャルーピ家はとても有力で、所有地をCasentino(カゼンティーノ)からVal d’Elsa(ヴァル·デルサ)にまで広げました。しかし、ルネッサンス後期の裕福な一族にとって、富の増加だけでなく、より崇高な目標とも言える心の救いも大切なことでした。それ故に1500年、マッテーオ·スクアルチャフィーコは亡くなる前に、Bibbianoの農園はフィレンツェのカトリック団体サンタ·マリア·ヌオーヴァ病院に寄付すると記した遺言状を残したのかもしれません。この高潔無視な行為のおかげで、病院は患者の治療施設の運営資金を得ることができ、一方、寄贈者はこの慈善行為によって、天国の王国を夢見ることが出来たのでした。

感謝と共にBibbianoの所有権を譲り受けた病院は、250余年もの間、農園のワイン醸造の伝統を守り、しっかりとした管理を行いました。それはまたBibbianoにとっても幸運なことでした。この時代、教会に属していれば、力を誇っていた都市フィレンツェとシエナ間の、時には血なまぐさい暴力的な勢力争いに巻き込まれることを回避し、政治的混乱から逃れることができたからです。もしマッテーオ·スクアルチャルーピが、病院ではなく直接相続人へ財産を譲渡していたら、ブドウの栽培方法は変わり、農園は今日姿ではなかったかもしれません。

Bibbiano農園とその近郊のBibbianuzzo(ビッビアヌッツォ)という小さな農場の1564年のブドウの栽培方法について、サンタ·マリア·ヌオーヴァの財産帳簿に非常に詳細に説明されています。この帳簿は、病院の単なる財産目録にすぎませんでしたが、そこには土地やその生産物、ブドウの木やオリーブの木、種や果樹、鶏や兎も含めた家畜についてまで、正確な説明が記述されていました。

修道士達は極めて優秀な農夫でした。現在、フィレンツェ国立文書館に保管されているcabreo(カブレオ、財産目録、それに関する公文書)には、2つの農場の概略平面図も含まれています。後に改訂されたこれとよく似た説明は、病院の財産の一般的な視察と名付けられた文書に1607年の日付で記述されています。この病院の改正された目録の証書には、農業慣例、生産物、家畜の数、小作人とその家族に関する正確な説明が記述されています。その後も農園は安定した堅実な方法で作業を行い、Sangioveseから作られたワインの品質を常に高く保ち続けました。しかし安定の中で流行りに左右された考えが浮かぶことはよくあることで、これは経営者を軽はずみな行動へと向かわせてしまいます。

伝統よりも即時の収入を追い求める時代がやって来ました。「新しい水域に入る」決心をした病院は、より多くの利益をもたらす可能性に繋がる道を選びました。サンタ·マリア·ヌオーヴァ病院のワイナリー運営方針が誰によって、いつ変更されたかはわかっていませんが、病院が領地を直接管理するのは有益ではないと考え、土地の賃借による収入を得ることにしました。長期賃借契約とよばれたこの種の契約は、トスカーナ大公国全域に広がっていました。現在のリースのように、一定の期間が経過すると、借地人(通常は近隣の土地所有者)が残額を支払うことで所有権を引き換えることができるシステムで、これはまさに現代の民営化に似ています。

こうして全てを素早く手に入れたいと言う欲望が勝ち、Bibbiano農園は、主に単なる収入源として見られるようになりました。

Bibbianoは1767年から1780年までの長期期間賃借されていましたが、長い歴史の観点からするとこの数字はそう長くはないようですが、深刻な結果を招いてしまいます。収益が減少し、病院は農場の売却を余儀なくされ、続き所有者が相次いで変わり始めました。Bibbianoは、1780年から1833年までランディ家に渡り、その最初の所有者はヤコポ·ランディでした。息子のミケーレ·ランディは、Bibbianoの所有地を貴族コルシーニ家のトンマーゾ·バルトロメオ卿に売却しましが、彼は農園の発展に時間を費やすより、外交官としてのキャリアと国務に専念することを考えていました。1815年に開催された有名なウィーン会議にトスカーナ大公国の公式な代表として参加したのは彼であり、大公首相の任期中に亡くなっています。最終的に、ネーリの息子の別のトンマーゾ·コルシーニ卿は、1865年3月にBibbianoを弁護士のカジミーロ兄弟と、現在の所有者の先祖である技師のピエトロ·マルツィに売却しました。そして、兄弟は農園を単なる有益な資産としてではなく、一族と文化の世襲財産として考えたので、その時からBibbianoのワイン醸造の伝統を取り戻す僅かな希望が見えてきたのです

農園を導く私達の一族。世界大戦中にも責任と熱情を負う所有者一族。

Bibbianoの新しい時代は、新しい所有者の情熱的で思慮深い活動のおかげで、喜びに満ちたスタートを切り、少しずつと言っても結局は50年もかけずに、第一次世界大戦が終了する前に、農場と会社を整え拡大させていきました。Bibbianoの経営者アントニオ・マルツィ(ピエトロの息子)は、1880年にGaglianuzzo(ガリアヌッツ)、Padule(パドゥーレ)の他の農場と共にGagliano(ガリアーノ)を農場に加えました。幸いにもBibbianoとマルツィ家は、第一次世界大戦の渦から免れることができました。その間にも、新たなブドウ樹の植栽、オリーブ畑の拡大、新しい施設の建設が行われました。1919年、一族は領主の邸宅の建設を決意しました。アントニオ・マルツィは、「人間の幸せとは、伝統を復元し、その伝統を大切に保存して次世代につなげることである。これほどの喜びに満ちた瞬間は他にはない。」と書き残しています。

生憎、1918年に締結された和平は、フランス元師フォッシュが言っていた様に、結局和平ではなく20年の休戦にすぎませんでした。新しい世界大戦では、イタリアの中心部、トスカーナ、Chianti地方も破壊を免れることはできませんでした。1944年の夏、戦線が進む中、ドイツ軍の小さなパラシュート部隊がBibbianoに置かれ、フランスとニュージーランドの部隊の前進を阻止する際に、会社全体に多大なる被害が及びました。ほとんど全ての建物が破壊され、水道橋などのその他の重要な構造物にも深刻な被害が及んでしまいましたが、奇跡と農民の努力のおかげで、貯蔵物とブドウ畑は守られました。その夏の年にだけ農園は、19世紀にカジミーロ兄弟とピエトロ·マルツィがそれを買った時よりも悪い状態に戻りました。しかし心とも言えるBibbianoの本質、ブドウの木と大地を守ることができました。このことはアントニオの息子であり相続人のピエルトンマーゾ·マルツィに力を与えました。戦後の困難も、必要な資源の不足も、Bibbianoを再建し、新しい命を与えるという彼の計画を妨げることはできませんでした。

新たな人生とトスカーナの偉大なるワイン醸造家、ジュリオ·ガンベッリの支え

1948年に会社は、地域のワイン生産者が集まったConsorzio del Vino Chianti Classico(キャンティ·クラッシコ協会)に加盟します。ピエルトンマーゾ·マルツィと娘婿であるエンジニアのアルフレード·マロッケージは、1950年から1970年にかけて、ジュリオ·ガンベッリの力を借り、20ヘクタールの専門のブドウ畑、10ヘクタール以上のオリーブ畑、設備の完全な近代化を含めた大規模な再建を行い、広大なワインセラーの建設を完結させました。ピエルトンマーゾとアルフレードはプロセス管理の責任者を務めるだけでなく、多くの時間を労働者と共に過ごしながら作業を確認し、寝る間を惜しんで設計図を描き、同時にジュリオ·ガンベッリとの新工場やワインの熟成方法、スタイルやブーケについての話し合いを繰り返し、フィレンツェ大学との協力関係を維持しながら、Chianti Classico地域の同業者である友人達と、考えや経験についての意見交換をしました。実際、Bibbianoの繁栄に向かう強固な基盤がこの20年間で築きあげられています。

現在、当社は一族の5代目により経営されています。トンマーゾとフェデリーコは、優れた職業教育と国際マネージメントの経験を生かし、Bibbianoワインの正統性を傷つけることなく、ワイナリーの千年の伝統と近代性とのバランスを保ち、その生産方法を尊重するよう心がけています。ブドウの収穫が終わる秋に弊社を訪問していただくと、ブドウ畑の管理を監督する2人に出会うかもしれません。

ジュリオ・ガンベッリ

イタリアのワイン醸造界の象徴。真の専門家としてだけでなく、とりわけ66回の収穫の過程で、彼が行った歴史的な証言により、彼のスタイルとワインを作り上げ、20世紀のワイン醸造の重要な証人となり、彼の名は忘れられることは無いでしょう

情熱とプロフェッショナリズムで醸造されたワイン:これは、ジュリオ·ガンベッリとChianti Classicoの関係を示すキーワードです。彼の情熱は少年の時に芽生え、プロフェッショナリズムは、我々の土地の自然な表現とも言える上品で素朴なワイン醸造を長年行う内に育まれ、つまり彼はトスカーナの職人の様に、骨の髄までトスカーナ人であると言うことです。14歳の時に若きジュリオ·ガンベッリは、生まれ故郷ポッジボンシのエノポリーに通い始め、そこの経営者であるタンクレディ·ビオンディ·サンティの指導の下で味覚を発達させる方法を覚えました。

ジュリオ·ガンベッリは、彼の繊細な感覚を駆使して、ワインの特徴、品質、熟成具合を把握することができました。それ故、瞬く間にトスカーナのワイン生産者達の間で、この若いテイスターが持つ才能が知られることになり、皆とのコラボレーション望みました。最初にピエルトンマーゾ·マルツィが彼をBibbianoに紹介したのは1942年11月であり、現在の経営者の父であるアルフレード·マロッケージの庇護のもと、50年代初頭から、ブドウ畑とワインセラーに改革をもたらし、1969年の収穫での自社ラベルの瓶詰までを共に駆け抜けました。

その他の有名なワイナリーとの重要なコラボレーションを行い、この業界の関連機関や出版社から認められ、ワインに関するアカデミックなタイトルに欠けている彼が、多くの収穫を経て得た功績が認められ、ワイン業界が彼に「テイスティングのマエストロ」のタイトルを贈りました

最近、ベロネリ出版社は、親しい記者のカルロ·マッキによる正確で詳しいバイオグラフィーを出版物に記載し、その後ジュンティ·スローフード出版社の第2版がそれに続きました。

ジュリオ·ガンベッリ、Sangioveseの最後の風来坊は、2012年1月3日、生まれ故郷のポッジボンスィにてその生涯を終えました。

Contattaci

Not readable? Change text. captcha txt

Start typing and press Enter to search